フロアコーティングの魅力〜汚れに対するホームセキュリティ〜

掃除しやすくなる

トイレは、尿や排せつ物を流す水の汚れがこびりつきます。定期的に掃除をすれば、綺麗な状態を保つことが出来ますが、手の届きにくいところに汚れが蓄積する可能性を排除できません。ですが、トイレのコーティングをあらかじめ行えば、汚れがこびりつきにくくなります。トイレのコーティングにかかる費用は、家庭の便器ひとつで平均1万5千円程度です。ビルなどの公衆トイレの場合には、数個の便器、トイレの床などをまとめてコーティングして、1か所10万円程度が平均的な料金です。大型の施設の場合には、トイレの数も多く部屋の広さも大きくなるので、個別で見積もりをしなければわかりません。また、施工するトイレの状態が汚れていると、平均価格よりも高く請求されることもあります。家庭用の便器で比較すると、新品の便器に比べて使い古しの便器は数千円程度上乗せされることがあります。

トイレのコーティングは、綺麗な状態の便器に液体ガラス等のコーティング剤を塗っていく工事です。尿や水に含まれる汚れは、すべてコーティングされた表面を流れます。すなわち、直接便器に触れないことで、水垢や尿石などがこびりつきにくくなります。また、汚れがこびりつかないことで、そこから発生する臭いも防ぐことが出来ます。それにより、トイレで用を足すときに、不快な思いをすることが少なくなります。コーティングの効果はどの程度維持されるのかというと、一度施工をすれば使用状況にもよりますが、数年間は持つのが一般的です。そして、効果が切れたら再び施工をしていくことになります。フローリングでワックスを使用する場合、効果が切れかかったので、再び施工しようするには剥離作業が必要です。しかし、トイレコーティングは剥離作業が不要なので作業の手間が省けます。