フロアコーティングの魅力〜汚れに対するホームセキュリティ〜

平均的価格を知る

茶色い一戸建て

トイレつまりを修理する場合、皆さんはどうされていますか。一般的には、自分で対処する。専門の水道業者に依頼するの2つのパターンが考えられます。でも、どれくらいの費用が発生するのかわからないとどちらが良いのかなかなか決めれないと思います。なので、参考にそれぞれの平均的な価格について説明します。初めにトイレのつまりを自分で対処する場合は、道具が必要になります、自分で対処する場合、専門的なことは無理なのでホームセンター等で販売している道具でトイレつまりを修理することになります。例をあげると、ラバーカップ1000円前後、パイプブラシ1500円前後、重曹等の洗剤500円前後、合計2000円前後の費用がかかります。次にトイレつまりを水道業者に依頼した場合は、基本料金が4000円程度であとは作業によって異なります。専門器具での作業では7000円ぐらいが相場です。合計すると、11000円となります。自分で対処して方が安いですが、それでトイレつまりが解消するかどうかはわかりません。ちなみに私の場合は賃貸住宅なので、トイレを損傷させるリスクを避けて、水道業者に依頼しました。

トイレつまりは、様々な原因によって起こります。代表的なトイレつまりの原因を説明しますので、なくべくトイレつまりが起こらないよう参考にしてください。はじめに、水に溶けない紙を流してしまうパターンがあります。代表的なものでテッシュペーパー、オムツ等があります。普通はラバーカップで対処できますが、失敗すると、原因をさらに奥にしてしまう場合があります。次にペットのトイレの砂など、吸水性の高い物を流してしまうパターンです。この場合、便器内部や排水配管にこびりついてなかなか洗浄剤では除去できなくなります。また、油を多く含んだ食べ残しや嘔吐物を流してしまったパターンでは便器や排水配管に吸着してしまします。このようなパターンは排水の通り道を狭くしてトイレつまりの原因、もしくは便器取替え等にもなりますのでいち早く対処してください。